派遣社員の待遇、正社員との格差などの根深い問題で関心を集めていますが、現在では、正社員として就職することが難しい、または就職しても転職するのがふつうになっている時代です。就労形態においても「派遣」として働く人の数は年々増加の一途です。

派遣社員の待遇、雇用形態

派遣社員は、仕事を始めると、契約期間中は雇用契約のある派遣会社から給料を受け取ります。そして、それぞれの契約期間が満了になると、契約が更新されるか、契約が終了になりその仕事を続けることが出来ないかのどちらかになるのが派遣社員の実情と言えます。

契約が終了した場合、収入が必要なら次の仕事先を探すことになります。契約している派遣会社が都合よく仕事を紹介してくれるといいのですが、そう都合よくも行かないのが実情ですので、場合によっては仕事がみつからない期間が続くこともあり、これは派遣社員として働く以上はある程度覚悟しなければならないでしょう。

では、どのような人材を企業は求めるているのでしょうか。派遣社員に企業が求めているのは、高度なスキルを持ち、即戦力になる人材です。新卒のような社員教育が必要なく、即戦力になり、必要なときに必要な数だけすぐに人材がそろう派遣社員が、企業にとって都合のよい労働力となるのです。

人材募集の際、仮に「未経験可」とされているところでも、実際は「未経験より経験者のほうが良い」という企業がほとんどです。ですから、実情として、未経験者は派遣社員として非常に不利だと言えるでしょう。雇用形態はアルバイトでも何でもよいので、経験を積むことが大切です。これはいわゆる「実務経験」と言われているもので、専門学校に通ったり、趣味で長くやっているというようなレベルではまず通用しないことが多いでしょう。

性格については、ほとんどの企業が、「明るい人柄」と「コミュニケーション力」を求めているという実情があります。ですから、面接の際には、「明るい人」を印象付けたり、質問に的確に答えるよう気をつけましょう。

「派遣社員」というと、賛否両論の意見があったり、メリット、デメリットもありますが、明確な目的意識をもち、型にはまらない就労形態を求める人にとっては、たいへん便利な働き方であると言えるでしょう。

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

派遣社員の契約や登録前に知るべき雇用の実態:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://xn--gwrv08clpiekx.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。