派遣社員と正社員、契約社員の違いについて

派遣社員と正社員、契約社員等、現在ではいろいろな働き方が選べるようになりましたが、どのような違いがあるのでしょうか。それを明らかにするには、給料の受け取り方を見るのが一番わかりやすいでしょう。

派遣社員は、派遣会社と契約していますので、もちろん給料も派遣会社から受け取ります。正社員、契約社員などは実際に働いている就業先の会社自体との契約ですので、給料はその就業先、つまり勤務先の会社から受け取ることになります。

要するに、働く人と勤務先の会社との間に派遣会社が存在するのが派遣社員、直接勤務先の会社と契約しているのが正社員や契約社員等ということです。仮に、現在勤務している会社を辞めたいときは、派遣社員は派遣会社の担当者に相談して辞めることになるでしょうし、正社員や契約社員の場合は、仲介する会社はありませんので、勤めている会社の直属の上司に相談するでしょう。

もう1点、給与形態の違いがあり、派遣社員の場合、給与の多くが「時給」で計算されますが、正社員や契約社員の場合は「月給」という形がほとんどです。そのため、正社員や契約社員等の場合は、採用の際、交通費や残業手当などの支給条件等、細かな打ち合わせを忘れずに行う必要があります。

面接を受ける際も、派遣社員の場合は、派遣会社の担当者が同席するケースが多いのですが、正社員や契約社員の場合は本人だけで面接に臨むのが普通です。

また、最も大きな違いとしては、正社員や契約社員等には、派遣社員には与えられない重要なポジションや権限が与えられることでしょう。そしてもうひとつ、派遣会社を通す必要がないため、給料も高くなり、基本的に安定雇用されるという決定的な違いがあります。現在深刻化している「派遣切り」の問題をみても、今のような景気の状態のとき、真っ先に契約を解除されやすいのは派遣社員といえるでしょう。

事情が許せば契約を更新しながら仕事を続けていく、という面を見ると、派遣社員も契約社員もあまり変わらないように思えます。実際、仕事をしているときはあまり差を感じることはないでしょう。しかし、雇用形態は明らかに違い、企業の業績によって対応が変わってくる場合がありますので、よく考えて仕事を選びましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

派遣社員として働くメリットとデメリット
派遣で働くメリットとしては、比較的自分に合った環境を選んで働くことが出来ることで......
派遣社員の実態を知る
派遣社員は、仕事を始めると、契約期間中は雇用契約のある派遣会社から給料を受け取り......
労働者派遣法・労働基準法の必要最低限の知識
労働者派遣法の正式名称は「労働者派遣事業の適正な運営の確保および派遣労働者の就業......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

派遣社員の契約や登録前に知るべき雇用の実態:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://xn--gwrv08clpiekx.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。