特定派遣と一般派遣について

一口に派遣といっても、いくつかの種類に分けることが出来ます。派遣には、一般派遣・特定派遣・紹介先予定派遣などがあります。その中で、ここでは、特定派遣と一般派遣について説明します。

まず、一般派遣について。
1.一般派遣は、事前に派遣社員として派遣会社に登録します。
2.一般派遣は、派遣先での仕事の内容や条件が決まったとき、登録した派遣会社と雇用契約(派遣契約)を結びます。その後、派遣先の企業で契約期間仕事をします。このとき、派遣労働者の希望や条件で自由に仕事を選ぶことできます。
3.一般派遣業務は、厚生労働大臣からの派遣事業許可が必要です。許可番号は(般)から始まる会社が一般派遣を行うことができ、登録型派遣とも言われています。

次に、特定派遣について。
1.特定派遣は、派遣元、つまり派遣会社が労働者を正社員として雇用し、派遣先に派遣する形をとります。派遣元に常に雇用されていることになりますので、一般派遣等と比較すると安定した雇用が得られるといえるでしょう。
2.特定派遣は、正社員として派遣会社によって常用雇用されているため、安定した収入を得ることができます。
3.特定派遣業務は、厚生労働大臣への派遣事業申請が必要(届出制)です。許可番号は(特)から始まる会社が特定派遣を行うことができ、社員型派遣とも言われています。
4.実際に特定派遣が行われている職種は、まだまだ少数です。また派遣元に常用雇用されるまでは、一般企業の採用過程と同様、時間がかかりますし、場合によっては正社員として常用雇用されないことももちろんあります。

派遣の種類もいろいろとありますので、それぞれの特徴をよく検討し、自分の希望条件にあったものをえらびましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

派遣会社が扱う職種や仕事内容
現在は、パソナ、マイコミ、アデコなど、数多くのな派遣会社があります。ここでは、そ......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

派遣社員の契約や登録前に知るべき雇用の実態:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://xn--gwrv08clpiekx.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。